しまもん 

モンスター・ラボ島根開発拠点のブログ

松江トランキーロ2016の記録

はすみん ・2016-12-15

この記事は松江移住ITエンジニア Advent Calendar 2016 11日目の記事です。

きのうはUemmra3さんの「鳥取県の元ITエンジニアから見た松江の良し悪し」でした。

あしたはリナックスをミラクルに管理する男、押田光雄さんの予定ですo(^-^)oワクワク


tl;dr

  • そば食って
  • 飲み歩いて
  • ハッカソンした

そばはしご

出雲そばというそばのジャンルがあります。当地の人々に出雲そばの特徴を聞くと、以下のような説明を得られます:

  • 挽きぐるみの黒っぽいそば
  • 冷たいそばは割子(わりご)という円形朱塗りの小さい器を重ねて盛るスタイル
  • 暖かいそばは茹で湯とともにどんぶりに注ぐ「釜揚げ」スタイル

1番目の特徴は、全国的にみてとりわけ目立つものではありません。2番目と3番目の特徴こそが出雲そばを出雲そばたらしめるものでしょう。

2014年7月に松江へIターン移住した私は、毎日のランチタイムに松江市内のそば屋をぐるぐる巡りました。参考記事「松江そば事情 松江拠点より

ある夜ある席、「ハスミはそばばっかり食べてるな」「そうなんですよ、割子なら1枚ずつ食べれば一日に何軒も行けませんかね? そばはしごしましょうよ!」という会話により、「松江そばはしごの会」が結成されました。合い言葉は「割子一枚、酒一合」です(写真)。

下手そばの会

それまではエンジニア仲間を誘わずにそばはしごや飲み歩きを実施していました。松江という適度に小さな都会に、そば好き・酒好きの友人がたくさんできていたからです。

ある日私は「はじめてそばを打ってみよう」「どうせならバージンそばをみんなに振る舞おう」と決意し、居酒屋を貸し切った「下手そばの会」を企画しました。さすがにエンジニア仲間も誘わないと席が埋まらないだろうと考え、彼らも招待したところ、結局はエンジニアばかりの飲み会になりました。

この席で「そばをテーマにハッカソンをやろう、名付けてソバッカソンだ」というアジテーションに引っかかったのが、そば食いで有名なRubyコミッタの前田修吾さんです。

ハッカソン「ひやおろしGO」

結局は日本酒をテーマにしたハッカソンを開きました。前田さんからは「ぼくはお酒が飲めないのにだまされてハッカソンに入れられた」とことあるごとに言われるようになりました。

それはともかく、学生や島根県庁、松江市を巻き込んだハッカソンは大成功し、テレビ局や新聞社も取材に来ました(写真)。

飲み歩きイベント「松江トランキーロ」

ハッカソンで開発した「スマホで好きな日本酒を投票するWebアプリ」をひっさげ、松江(と出雲)の名店5店舗を飲み歩くイベント「松江トランキーロ2016 “ひやおろしde総選挙”」を開きました(写真)。参加者のみなさんはとても満足してくれたようです。

というわけですので、「松江トランキーロ組合のFacebookページ」にいいね!を押しておくと、2017年以降の「松江トランキーロ」情報が届きますよ! お楽しみに! 以上、宣伝でした!

あしたは

オシ汁プシャ-!でおなじみのオッシーこと押田光雄さんがものすごい記事を公開してくれる予定です!

ヾ((( ..ºัั ∇ºั..)))ノ<プシャ-!

| 採用情報

城下町・松江で一旗揚げたいRailsエンジニア絶賛募集中!

Blue