しまもん 

モンスター・ラボ島根開発拠点のブログ

【VB.NET】DataTable の基礎

てりー ・2020-09-24

トビウオは捕れるけどサンマは捕れない松江からこんにちは。

こちらは逆引きではなく順方向での理解が必要な VB.NET 要素について紹介する記事シリーズです。

今回は一般的な DataTable の用法を示します。文中の dt は DataTable 型変数とします。

  • 最大行数は dt.Rows.Count で得られます
  • 最大列数は dt.Columns.Count で得られます
  • 1行1件の構造であれば、dt.Rows(行番号) で1行分のデータを得られます
  • 1行目の1列目のデータは dt.Rows(0)(0) で得られますが、このデータには有効な型が無いため、能動的に型指定が必要です
  • 1列1件の構造であれば、dt.Columns(列番号) で1列分のデータが得られます
  • 1列目の1行目のデータは dt.Columns(0)(0) で得られますが、このデータには有効な型が無いため、能動的に型指定が必要です
  • 型指定は CType(dt.Rows(0)(0), String) のように記述し、これで1行目1列目のデータを String 型と見做して取得できます
  • dt.Rows(0)(0) と dt.Columns(0)(0) は、どちらも同じデータを指します
  • y を行番号、x を列番号とするとき、dt.Rows(y)(x) と dt.Columns(x)(y) は、どちらも同じデータを指します
  • dt.Rows(0).Count や dt.Rows(0).Length という記法で個別の行の列数を得ることは出来ないようです

| 採用情報

城下町・松江で一旗揚げたいRailsエンジニア絶賛募集中!

Blue